DSC01174.jpg
これはえまさんが頂いた「かながわ音楽コンクール」の入選証です。

今日は川崎駅から少しはなれたサンピアンかわさきというホールで
準本選のコンクールが行われました。

6歳の小さなお子さんにとっては、お家から距離のあるホールなので、
演奏の集中力維持を心配しましたが、
えまさんはいつもどおりのいい演奏ができました。

しかも前回よりもエネルギッシュに演奏していました

前日ぎりぎりまで練習したことや、いままでの注意点をすべてクリアして
演奏できたこともとても満足のようでした

集中力はコンクールのような「緊張した空間」のなかでもっとも鍛えられます。
えまさんにとってこの春休みに2度もそのような体験ができたこと、何よりの宝物です。

これから、日曜日に行われるスプリングコンサートも同じく「緊張した空間」です。
ご出演の皆さまも自分の「集中力という能力」を本番でますます鍛えてください
  DSC01121.jpg
かながわ音楽コンクールにえまさんが入賞いたしました
えまさんの良いところが審査員の先生方によ~く伝わったのですね。

「えまさん。おめでとうございます

いつもレッスンの様子をビデオに収めてがんばったお母様の努力が
えまさんのおおきな力になりましたね。

母の愛情と努力がお子さまに大きな力を与えたことになりました。

「えまさんのお母様。おめでとうございます

さあ、次は4月2日。
素敵なピアノ女子と素敵なピアノ男子の祭典です
   DSC01118.jpg   DSC01119.jpg
昨日かながわ音楽コンクールがありました。
上のデコポンのパフェは、かなコンの「一人うちあげ」で
新宿の高野フルーツパーラーで頂いてきたものなんです。

「ひとり打ち上げ」って・・・ちょっとさみしそう~ですよね。
でも、自分が頑張ってきたことを振り返ったり、今後の生徒さんの目標とする
課題を考えるのには「ひとり打ち上げ」っていいんですよ。

今回かなコンに出場のえまさんとあんじゅさんのお二人にとって
一番良かったことは、なんといっても「達成感」をあじわったことでしょう。

人間の感情のなかで達成感を味わうことは、とても高度な精神の状態を
育むといわれています。
お二人とも大切な宝物をまた1つGetしましたね。
「おめでとう。えまさん」
「おめでとう。あんじゅさん」

私はコンクールのあと青山の石井先生のクリニックでニンニク注射をしてもらいました。
石井先生が「うちの注射は原液ですから、家まで走ってかえれますよ~」

体中からニンニクをプンプンさせながら、本当に元気になって走ってお家に帰りました
DSC01037.jpg
これはヴァイオリンの安部先生から頂いたかわいいクマちゃんお菓子です。
世の中には本当にいろいろなスイーツありますね。
こんなかわいいいスイーツはひとりで頂いちゃ申し訳ないので、
児童声楽アンサンブルのレッスンで皆さまと一緒に頂きました。
みなさん大喜びでした~~
安部先生、ご馳走様です。

さたさて、今まさに市来音楽教室のみなさまは、4月のスプリングコンサートにむけて
自分の演奏する曲と真剣に向き合っています。
なかなかすぐには思いどうりに演奏できないのだけれど、それでも頑張る生徒さんたちの
音楽との真摯な向き合い方に、感動しています。

本番まであまり時間はないのですが、あわてず1つ1つ着実に練習して仕上げてください。
そして練習には気分転換もうまく取り入れてくださいね。

練習の気分転換のときにはこんな美味しいスイーツはなによりです。

みんなさ~ん。ファイト~ OH
   DSC00740.jpg   DSC00745.jpg



今日は日本音楽教育連盟のピアノ・オーディションの本番に行ってきました。
今年から、新しく幼児部門が開設されたので、そのお子さんたちの演奏が聴けることを
以前からとても楽しみにしていました。
今日のカワイ表参道では幼児部門22名が堂々と思い思いに演奏を楽しんでいました。

市来音楽教室の5歳のえまさんもその中のひとりです。
えまさんの演奏は、それぞれの曲のキャラクターをきちんと表現できていて、
大成功でした。

えまさんのように目標に向かってコツコツ努力することは、
放っておいたらだれでも自然とできるようになるわけではありません。
まず目標に向かって1歩ずつ近くために、その子に合った高さの階段を
考えてあげることが大切です。
今回のオーディションも、えまさんがその階段を1つ1つ上手く登ることが出来たので、
彼女は成功を体験することができました。

おめでとう えまちゃん
これからもがんばってね

私は帰り道、原宿センビキヤでフルーツワッフルをご褒美に頂いて帰りました