DSC00753.jpg   DSC00755.jpg

昨日そうちゃんの「おとよみよーいどん」が全部一冊終了しました。
今そうちゃんが一番楽しいことは、おんぷを読むことです。
だからこんなに嬉しそう
はままるも自分で書いていますね。
ピアノのおけいこの中で楽しいことが1つ1つふえていくことが、いいですよね。
  DSC00757.jpg  DSC00758.jpg
  

それに前のおけいこのときに、すきなかみしばいをかしてあげたら、
こんなかわいいお手紙をプレゼントしてくれました。
男の子からプレゼントをもらうって「な~んかうれしい気分」です。


そうちゃんに、「あといくつねたら、ぼくのはっぴょうかいなの?」と聞かれました。
そうちゃん。あと125日寝たら発表会よ。
これから、そうちゃんにピッタリなお歌とピアノの曲を
いちきせんせいといっしょに決めましょうね  
 DSC00706.jpg  DSC00708.jpg  DSC00709.jpg
 DSC00711.jpg  DSC00712.jpg  DSC00713.jpg
 DSC00714.jpg  DSC00707.jpg
美味しそうなお寿司でしょう
「あいなめ。たいらがい。あかいか。いくら。えび。うに。とろ。たまご。まきもの。」と
並んでいます。
ついこの前、自由ヶ丘にお買いものに出るので、母とあざみ野の「逸喜優」で
おすしのランチしてきました。
最近はここのおすしが一番のお気に入りです。
ご主人がネタに刷毛で絶妙にイイ感じにタレをつけて下さるので、
食後にのどがかわいてしまって「たいへん」なんてことがありません。
おすし全体ががとてもきれいなお味です。

店内はお客さんがカウンターに1列になって「おすし頂くぞ~お」っていう、気迫です。
おすしとの1本勝負的な。
ご主人の出すおすしのタイミングもgoodです。

お腹がいっぱいになった私たちは、いざ自由ヶ丘へいいもの探しのショッピングへと
出かけたのでありますぅ


   
   DSC00750.jpg
みんなで歌おうコンサートの広告ができました。かわいいでしょう
この広告のように、小さなお友だちと楽しくお歌が歌えることが、
今からとても楽しみです。
このコンサートで小さなお子さんたちが、「楽しい気持ち、嬉しい気持ち、優しい気持ち」を
育んで頂ければ嬉しいです。

私は武蔵野音楽大学を卒業のころ、「NHKのおかあさんといっしょ」のおねえさんを志望していました。
実際は劇団ひまわりでお仕事をすることになるのですが。
その当時高校に通いながら劇団ひまわりの研究生だった由紀子さんといっしょに、
このコンサートができることも、楽しみです

さて、もうひとつ。今日はこのコンサートのことを知って頂くために、
あの横浜のヤマハさんの岩崎さんが一生懸命にご近所にこの広告を配ってくださいました。
岩崎さま、ヤマハのセンター長としておしごとがお忙しいのに
本当にありがとうございました

小さなお友だちのご参加をお待ちしていま~す 







   DSC00749.jpg   
      

日本教育連盟のピアノオーディションに出演してよい演奏ができた
えまさんとお母様から早速こんな嬉しいお便りを頂きました。
ありがとうございます。

彼女が本番の1週間前ずーっと風邪をひいていたので、
「オーディションに参加できるかしら?」と実は私も心配していたのですが、
本番の前日にはすっかり良くなって当日は立派に演奏することができました。
お子さんを良い状態で本番に臨ませてあげたいというお母さんの「気持ちと努力」が
きっと、えまさんに届いたのでしょう。

お子さんがコンクールに参加する場合、曲の仕上がりにはかなり時間的にゆとり
を持たせておくことが大切です。
ギリギリの仕上がりでは、本番で楽しんだ演奏ができません。

今回のえまさんは、かなり曲の仕上がり方にゆとりがあったので、
1週間くらいの風邪にもあわてずに、本番に臨むことができました。

だからまた次のコンクールにも参加したいと、お母さんに話しているようですよ

みなさん~。みなさんは日曜の朝はどんなふうにお過ごしですか?
    DSC00746.jpg   DSC00747.jpg

私の日曜日は、朝9時30分から児童声楽アンサンブルのレッスンをしています。
このレッスンは日曜の朝、まるで教会の礼拝のような清清しい気持ちになります。
このアンサンブルメンバーも歌が「楽しくて、たのしくて」っていう方々だから
2時間のレッスンはあっという間です。
そしてなんと今日のレッスンは3時間になってしまいました。
というのも、来年の4月6日に開催される「スプリングコンサート」で出演者全員
で歌う「ふるさと」の録音を頑張っていたからです。
ソプラノ1を松田チャン。ソプラノ2を森チャンが歌ってくれています。
録音はテイク6まで頑張りました。
これを市来音楽教室のみなさんにプレゼントしますので、是非お聴きになってください。
そしておうちでの練習にお役立てください。

ここで松チャン、森チャンよりコメントがありますので、お伝えいたします。

キンチョウしてしまいました。55小節めの3拍めがあやしいので「ムシ」してください。   お松より

3番めの重唱のとき27小節あたりでオチました。すみません 森チュウより

みなさんも、あらし君たちにに負けない「いい歌」に仕上げていきましょうね
   DSC00740.jpg   DSC00745.jpg



今日は日本音楽教育連盟のピアノ・オーディションの本番に行ってきました。
今年から、新しく幼児部門が開設されたので、そのお子さんたちの演奏が聴けることを
以前からとても楽しみにしていました。
今日のカワイ表参道では幼児部門22名が堂々と思い思いに演奏を楽しんでいました。

市来音楽教室の5歳のえまさんもその中のひとりです。
えまさんの演奏は、それぞれの曲のキャラクターをきちんと表現できていて、
大成功でした。

えまさんのように目標に向かってコツコツ努力することは、
放っておいたらだれでも自然とできるようになるわけではありません。
まず目標に向かって1歩ずつ近くために、その子に合った高さの階段を
考えてあげることが大切です。
今回のオーディションも、えまさんがその階段を1つ1つ上手く登ることが出来たので、
彼女は成功を体験することができました。

おめでとう えまちゃん
これからもがんばってね

私は帰り道、原宿センビキヤでフルーツワッフルをご褒美に頂いて帰りました
みんなでうたおうコンサートのチラシのラフをお見せします。
    DSC00739.jpg

市来音楽教室の発表会のプログラムやイベントチラシのデザイン
イラストをお願いしている漫画家「田中マコト」さんの作品です。
田中さんはヤマハからすでに12さつの本が出版されている
売れっ子の漫画家さんです。
田中さんが市来先生をこん~なに可愛く描いてくださって
はじめてお会いするお子さんたちにびっくりされるのではないかと、ちょっと心配なんですが
とにかく頑張りま~す

さて、今回の「みんなでうたおう」は2さい~3さいくらいのお友だちと
楽しくおうたをうたおうって、思ってるんです。
12月4日、12月11日、12月18日の3回予定していますので、
どこか都合の良い日にお母さん、おとうさんと一緒におでかけください。
一緒に出演してくれる中根由紀子さんは、私が劇団ひまわりで音楽講師をさせて頂いていた
ころからのなが~いお付き合いです。
女優さんの経験もお持ちで、紙芝居の朗読は本当に楽しいですよ

本当のチラシが出来上がりましたら、またお知らせしますね。入場は無料です。
お申し込みは、25日から先着順お電話でお受けいたします。
良い子にお目にかかれるのを、楽しみにしていま~~す。
  DSC00729.jpg   DSC00730.jpg

大正元年の1912年に数軒の道具商が店をかまえたと言われている、
日本一の道具街合羽橋に出かけてきました
どれもこれも、ワクワクする調理器具が軒を連ねて売られています。
今回私はかまた刀研社で、堺産の青鋼 黒打の和包丁を買いました。
お店のご主人さまに包丁とまな板との関係も教わり、調理器具の
おくの深さに感動しました
職人さんの魂のこもった1本が、我が家のキッチンに加わると思うととてもいい気分です。
実家の母も同じものをやはり購入。
「良いものは、大切に管理して使いましょう」と2人で話しながら、
合羽橋をあれこれお散歩しました。
次回合羽橋のお散歩のときは、プロの「包丁とぎの技」拝見したいと思います。
楽しみですぅ~
ほうーちょお-イーイーッぽーん~さらしにまいーーて~  
11人のディズニープリンセスの中で、皆さんはだれがすきですか?
DSC00704.jpg

みんな魅力的なのですが、私は最近「リトルマーメイドのアリエル」が
とっても好きになりました。
というのは、劇団四季のリトルマーメードを最近観劇したからです。
エリック王子を純粋な気持ちで好きになるアリエルのかわいらしさがお話の中から
よ~く伝わってきました。
それにこのポスターも、暗い海のそこから地上の光を求めて一心に泳ぐ
アリエルの姿がとっても魅力的です。
アリエル役の志音さんのみずみずしい歌声も心を爽やかにさせてくれました。

お魚たちの動きを、身体で表現するしなやかさは
感動と共に、日々のレッスンの努力が本当によく伝わってきました。

皆さんも是非、ご覧になってみてください。
2013.11.12 社長のお靴
    DSC00700.jpg
このお靴見てください。
綺麗に揃えられているでしょう
ヴァイオリン科の「うらBくんのお靴」です。
いつもこのようにきちんと揃えられていて、乱れていたことがありません。
彼は小学生の間ヴァイオリンのほかに児童合唱科でもレッスンしていました。
声も特別に良い素質をもっています。

合唱のようなグループのお稽古では、みんなをまとめることがとても上手で、
お友だちから「社長」と呼ばれていました。
社長は他のお友だちの靴の脱ぎ方をいつも指導する役目でした。

その後二年たった今でも、このようにきれいにお家の中に入ってくることができます。
おかげで、ほかの企画のコンサートに合唱団が出演するときでも、
市来音楽教室の生徒さんのエチケットやマナーがとても良くて、会場のお客さまからは
いつもお褒めのお言葉を頂いていました。

歌やヴァイオリンが上手になることのほかに、こんなところにも
市来音楽教室の精神が日々つくられていると感動しています。