青山劇場で8月15日から幕をあけた「ガラスの仮面」が明日の31日で千穐楽です。

IMG_0685_R.jpg
もちろん私も先日ワクワクで行って参りました

開場30分前だというのに劇場前は長蛇の列です。
IMG_0682_R.jpg
日本少女漫画史に燦然と輝く演劇大河ドラマ「ガラスの仮面」
すごい人気です。
周りの方ももちろん、みなさんガラスの仮面のファンの方々ばかり・・・

IMG_0690_R.jpg

1975年に連載を開始して、現在までに単行本49巻が刊行されています。
私がこの「ガラスの仮面」と出会ったのは実はごく最近で、
2年前の足の入院の時に、生徒さんのみかちゃんが単行本を貸してくれたのがきっかけで、
その後すっかりファンになりました。

IMG_0687_R.jpg

この舞台は原作屈指の人気場面「ふたりの王女」が組み込まれています。
主演の北島マヤ役に「貫地谷しほり」、ライバルの姫川亜弓役に「マイコ」
優しき理解者の桜小路優役にジャニーズJr.「浜中文一」
伝説の大女優月影千草役には「一路真輝」
そして紫のバラの人「速水真澄」役は小西遼生

このガラスの仮面の主人公の北島マヤが苦難や過酷な世界な中で
演劇を貫き通していけたのは、まだ見ぬ応援者である「紫のバラの人」の存在です。
そしてホールの入り口にはこれが・・・

IMG_0684_R.jpg
舞台人としてこんなお花が届けられたら、どんなにか嬉しいことでしょう
この紫のお花を見たとき、私もドキドキ・・・心が奪われてしまいました。

人の才能を開花させるには・・・
紫のバラの人のような「心から応援者の存在」が一番重要なのですね

報国寺すぐおとなりの浄妙寺は足利義兼が開基
IMG_0668_R.jpg

すべてをそぎ落としたシンプルさに感動
IMG_0669_R.jpg

お屋根がかわいいです~ 
猫も風景にとけこんでいますね~
IMG_0671_R.jpg

ここにもやはり茶室がありました

IMG_0672_R.jpg

茶室とお庭
IMG_0673_R.jpg

この浄妙寺の境内の高台に今日のランチのお店「石窯ガーデンテラス」がありました

IMG_0674_R.jpg

80年の歴史を刻んだ洋館がカフェになっています
IMG_0677_R.jpg

鎌倉野菜と鎌倉ハムのお料理頂いてきました
彩が綺麗でフレッシュです

IMG_0678_R.jpg

IMG_0679_R.jpg

緑に囲まれた異空間なカフェ
このカフェがご近所だったら絶対に常連になってしまいます

御一緒くださいましたY様ありがとうございました。
2014.08.28 プチ旅行
先日プチ旅行に出かけました~
場所は鎌倉「報国寺」
1334年足利尊氏寺の祖父足利家時の開基。

山門です
IMG_0652_R.jpg

国指定の重要文化財です
IMG_0653_R.jpg

水のしずくが素敵でしょ
IMG_0655_R.jpg

美しく整ったお庭は芸術ですね~
IMG_0657_R.jpg

IMG_0664_R.jpg

有名なこの竹林
この日は雨模様のために光と竹の美しい融合の光景には出会えませんでしたが・・・

IMG_0659_R.jpg

お茶室はまるでかぐや姫の世界

IMG_0661_R.jpg

日本の文化、静寂な空気感に心癒されました

鎌倉プチ旅行つづく~
昨日声楽アンサンブルの皆さまのレッスンが行われました。

このところ日々涼しさが感じられて、
生徒さまには遠く都内からレッスンにいらして下さるかたもいらっしゃるので、
私はこの涼しさうれしいです~

皆さまとは源田俊一郎先生の「いつの日か」を丁寧にお稽古いたしました。
さすが、大人の女性のみなさま・・・感性も豊かですから、歌詞の理解、
音が意味するものを素早く感じ取り曲を表現されていました。
そこが音楽の本当に楽しいところですよね。


3曲目の北原白秋の「叱られて」を歌ったあとで、皆さまのお子様時代の叱られた想いでの話に・・・
大人になっても、「子供のころに叱られたことってず~っと覚えているんだな~」と
私はちょっとしんみりしてしまいましたが、
でもそんなデリケートなお話をしてくださることに、連帯感みたいな感情も湧きました。
これが[アンサンブルの楽しさなのね・・・」とも。

これはレッスンの後でお出ししたミニランチの一部です
IMG_0648_R.jpg
かぼちゃのオレンジスープはすべて早朝より作りなおして、
より滑らかなお口当たりになるようにしてみました~

みなさまに喜んで頂けて良かったです。
8月の安部慶子先生のヴァイオリン特別レッスンが終了しました。

この夏、京都~アメリカ~秋田とお忙しく回られた直後すぐに
市来音楽教室のレッスンに駆けつけてくださいました。

そして、ヴァイオリン科の皆さまの夏のお稽古の成果を一人ひとり丁寧にいろいろとご指導くださいました。
安部先生ありがとうございます。

レッスンの後は安部先生との、いつもの楽しいディナータイムを致しました。
IMG_0644_R.jpg

今日はディナーをしながらの先生との楽しいお話の一部をお伝えしますね~

今回のアメリカの御旅行はワシントンD.C.にいらっしゃる御子息様ファミリーとの
楽しく過ごした日々の御様子をお写真を交えながらお話くださいました。

その中には、リンカーン大統領直系のリンカーンさんご一家とのディナーの風景もありました。
その大学教授のリンカーンさんは教科書でみたあのリンカーンにそっくりで・・・びっくりしました。
その息子さんがヴァイオリンをされていて、安部慶子先生のお弟子さんなんだそうです。
素敵なパーティの様子がうかがわれました。

先生からよくお話をうかがう、2歳のお孫さんのお写真もたくさんありました。
楽しそうに遊んでいたり、キッチンですでにお手伝いもしていました。
お写真の様子からキッズルームは30畳くらいあって、
子供のキッチンセットが「日本のおままごと」のレベルではないことも知りました

ワシントンの広場で若いイケメンのダンスの先生とタンゴを踊っていらっしゃる安部先生のお写真もありました。
あちらでは、御夫婦やカップルが戸外で気軽にダンスを楽しむのだそうですよ。

去年の夏はモンゴルの生徒様たちとのモンゴルでの野外キャンプのお話にワクワクいたしましたが、
今年のアメリカ御滞在のお話も、さらにまたワクワクでした~
今日で夏休みが最後という方多いですよね~
いろいろな楽しい思い出が作れたことでしょう。

私にもその思い出の記念のお品物をたくさんの方々がプレゼントしてくださいました。

ちいちゃん 本場シンガポールよりTWG

IMG_0628_R.jpg


ゆきこさん 長野旅行の「ブルーベリー葛餅」

IMG_0639_R.jpg

まゆこさん、れいこさん 北海道旅行の「北一硝子と白い恋人」

IMG_0638_R.jpg

平原さま 白馬トレッキングの旅「白樺の大地」

IMG_0635_R.jpg

ニシブラザーズくん 「福井県立 恐竜博物館」

IMG_0634_R.jpg

いずみちゃん 「軽井沢」へ

IMG_0633_R.jpg

あいかちゃん 「ディズニーランド 夏まつり~」

IMG_0630_R.jpg

そうちゃん 「伊豆の海水浴」へ 

IMG_0627_R.jpg

まゆちゃん、かいくん 「ディズニーシーでお泊り」

IMG_0629_R.jpg

ニシブラザーズくん  「那須モンゴリアビレッジ テンゲル」

IMG_0640_R.jpg

かずまくん 「フランス14日間の旅へ」

IMG_0641_R.jpg

皆さま、お気にかけて頂いてありがとうございました。
素敵なたくさんの思い出の詰まったお品の数々に、私もそれぞれの場所に訪れた気持ちになりました。

本当にありがとうございました~
2014.08.20 文化資産
あと、4日でこの近辺の学校は夏休みが終わりますね。

この、お写真の絵はShosanが5歳の夏休みに書いた作品です。


  楽しいプールあそび

IMG_0621_R.jpg


  アジサイ

IMG_0625_R.jpg


  うさぎ

IMG_0626_R.jpg

「お引っ越し・・・数回のリフォーム・・・度々行われるダンシャリ・・・」などの
どんな場面でも、子供の作品を大切に保存してきました

  幼児期、小学生までの作品のすべてが我が家の大切な文化資産です



オレンジとグレープフルーツのチーズタルト
IMG_0596_R.jpg
フレッシュなフルーツの上にかかっているジュレがなんとも涼しげです~
かき氷を思わせますね~

「ジョトォ」渋谷ヒカリエシンクス店からテイクアウトしてくれました~
IMG_0597_R.jpg

         いつも ありがとう


IMG_0598_R.jpg
かわいいいKumisanの笑顔
お洋服の趣味が良くって素敵~

IMG_0595_R.jpg
さて、我が家のパーティはこのローズのシャンパンからはじまるのです~
今日は愛子先生のサロンでインテリアデザイナー大河原先生による
ヨーロッパの建築様式のお勉強会があり、私も参加させていただきました。

大河原先生の手にされているこの御本は、「ベルサイユ宮殿とプチトリアノン」

IMG_0618_R.jpg

ヨーロッパ建築の歴史「ローマ建築様式~ロマネスク建築(教会建築)~ゴシック建築~ルネサンス建築~
バロック建築~ロココ建築~アールヌーボー建築」

それぞれの時代の代表的な建築物やその違いを分かりやすくご教授くださいました。
今日のお勉強はヨーロッパ旅行に行く前に学んでおくと、絶対ヨーロッパが10倍楽しくなりますね。

今日は建築という角度から「ヨーロッパの文化」に触れることができて、感激でした。


私たちが学ぶクラッシック音楽もその時代、時代で音楽形式が違いますから
歴史をふまえた上できちんと学んでいかなければいけないこともあらためて痛感致しました。

そしてレッスンの後で素晴らしい愛子先生お料理を頂き、かさねて感動でございます。
愛子先生~ありがとうございました

IMG_0608_R.jpg

IMG_0610_R.jpg

IMG_0611_R.jpg

IMG_0613_R.jpg

IMG_0615_R.jpg

IMG_0616_R.jpg
第2回目も今からもう楽しみです。

源田先生からのお便りです。
 
IMG_0594_R.jpg
優しくて、感動的な言葉の数々ですね~

「美味しいものと音楽はとても仲良し・・・どちらも味わいを追求するもの・・・
儚く、また心に残るもの・・・元気の源・・・」


ゆうかさん、あんじゅさんもきっとこのお便りに大喜びすることでしょうね

源田俊一郎先生ありがとうございました。

源田先生のおっしゃるように「しゃぼん玉」のこと少し調べてみました。
童謡会の三大詩人の野口雨情は明治41年3月にみとりを生まれてすぐになくしているようですね。
この「しゃぼんだま」には、その娘へのせつない想いがこめられているようです。

他の作品には「青い目の人形」「雨降りお月さん」「赤い靴」などなど沢山の素敵な詩があります。

ちなみにず~っとず~っと昔、私が「おかあさんといっしょ」のオーデションを受けたときに
歌ったうたも「赤い靴」でした。
そのオーデションは合格でしたので、野口雨情は私にとっても想いで深い詩人なのです。

今のお子様たちは、あまり日本の童謡や歌曲を歌わなくなっていますね。
私は市来音楽教室の「みんなでうたおうコンサート」で
小さなお子様たちと一緒に童謡をこれからも積極的に歌っていこうと思います