茶道家~りえ先生の作って下さったランチは「薬膳料理」でした。
先生は薬膳のお勉強も2年前からされているそうで、ワクワクでたのしみです。

IMG_8142_R.jpg

IMG_8141_R.jpg

身体に優しいお野菜たっぷりの生春巻き
IMG_8144_R.jpg

2種類のおソースで頂きました。
IMG_8148_R.jpg
金針菜入り


IMG_8149_R.jpg
とっても良いお出しのス―プ~手触りの温かなうつわも身体に優しく影響しそうです。

IMG_8145_R.jpg
タイ米の上にたくさんのお野菜や鶏肉があってよく混ぜ合わせて頂くそうでございます。

IMG_8177_R.jpg
すべて手作りのデザート



医食同源
「日頃からバランスのとれた美味しい食事をとることで、
病気を予防して、治療しようとする考え方。」
お食事中にお野菜の1つ1つの効能をお話しして下さるりえ先生の優しさに、
良くかみしめながら頂く素敵なランチのひと時でした。
   御馳走さまでした


もともと日本人でありながら、子供のころから学んできたものが西洋音楽なので、
「日本の文化」に触れるチャンスが少なかったと・・・思い立ち、
仲良くしてくださっているお友達に茶道の先生がいらっしゃるので
先日御自宅におじゃまさせて頂くことになりました。

IMG_8175_R.jpg
レインボーブリッジがすぐそこに、都心の景色が新鮮です。


お部屋には茶道家のお宅らしく山野草が涼しげに設えてありました。

IMG_8167_R.jpg
   タニワタリ、ホトトギス、ミズヒキ


大徳寺貫主様の色紙
IMG_8165_R.jpg
  「喫茶去」
禅語に由来したこの言葉は「お茶をどうぞ」という意味で、
「お茶を飲むその一時に専念すること。他に心をむけることをしない。」
という深い意味があるのだそうです。


この季節にピッタリのお菓子「鶴屋吉信」のアジサイ
IMG_8162_R.jpg

お菓子を頂く時の正しいお箸使いもお習いして・・・
IMG_8153_R.jpg



IMG_8154_R.jpg



懐紙を使っていただきます。
IMG_8164_R.jpg




続いてお薄の立て方を「略式盆手前」
IMG_8168_R.jpg



私のたてましたお薄です
IMG_8171_R.jpg


日本の伝統の茶道の中にお茶を頂きながら感じる五感の数々
お茶を頂きながら目に見えないものを感じとっていく日本の芸術に触れることができて、
充実した時間を過ごすことができました。
お茶はまろやかで美味しくて、
なにより自分の心が静まり集中力が高まってゆく心の変化も感じることができました。
お友達のりえ様のお陰で気持ちの良いひと時でございました。



りえ様の御用意してくださったランチは・・・またつづきます。
愛子先生のサロン「ファヴール」にて7月文月のレッスンを受けて参りました。
日本の歴史文化を土台とした「今を美しく生きるHow to」をお教えくださる愛子先生の
レッスンは私にとりまして学びの喜びと、心の癒しを与えて下さる大切な時間です。

IMG_8125_R.jpg

今日はダリア、アジサイ、トルコキキョウといったこの季節ならではのお花と
その花々にも負けないほど美しい緑色の様々な葉ものたち。
一見主役はお花のようですが、実はたくさんの緑が主役となっているのがおわかりになりますか?
そうした花と緑の良い関係と、植物からの清々しい気に次第に心が癒されていくのです。


お隣では先輩の「みもざてい」さまが大作に取り組んでいらっしゃいました。
IMG_8102_R.jpg

ホテルのロビーに飾られているほどの大作をスラスラと活け込んでいらっしゃいました。
素敵な技術をお持ちの「手」にほれぼれいたします。


IMG_8106_R.jpg
テーブル奥にみえます大作のお花も素敵な大学生のお姉さまの作品です。
落ち着きのあるお人柄が作品の中に感じられました。


7月のテーブルは・・・
IMG_8110_R.jpg
  品格の中にキュートさもあって・・・愛子先生のテーブルやっぱり素敵です

IMG_8121_R.jpg


7月は「文月」
七夕や暑中見舞い、お盆といった日本古来からの大切な風習がある月。
私にとっても昨年他界した父の一周忌がある大切な月です。
先祖を見つめる大切な時期ですから、自分の心の豊かさと身体の健やかさを保って
両親からもらった大切な命、大切な時を紡いでいきたいと思います。



愛子先生、御一緒下さいました素敵な先輩の皆さま
ありがとうございました。
IMG_8131_R.jpg

  愛子先生の素敵なランチも~幸せです

昨日は6月の安部慶子先生のヴァイオリン特別レッスンが行われました。
私は前日の夜から慶子先生との月1回の楽しいディナーの準備にかかります。

お稽古の1時間前にはテーブルも一通り完成です。
安部慶子先生のテーブルは品格を大切にしたいと思いまして・・・セッティング致しました。

IMG_8068_R.jpg


お料理は夏のお野菜をたくさん使ったお品で御用意いたしました。
前菜 ヴィシソアーズ
IMG_8078_R.jpg


前菜 トウモロコシのムース
IMG_8081_R.jpg


前菜 夏野菜の胡麻ソースジュレ
IMG_8080_R.jpg


夏野菜の春巻き
IMG_8079_R.jpg


鶏肉の即席燻製
IMG_8082_R.jpg


筍ごはん
IMG_8084_R.jpg


デザート 黒ゴマバナナアイスクリーム
IMG_8085_R.jpg



ゲーテの名言にこんな言葉がございます。

   
   立派な目標と偉大な仕事     
   やり遂げる道は二つしかない。                                                  
   体力と耐久力である。
   体力はほんの一握りの
   恵まれた人間のものである。                                                            
   しかし厳しく身を守り、
   常に耐え抜くことは、
   ごく弱小な者でもできるし、
   たいていの場合目標を達成する。
   これは、彼の無言の力が時が経つにつれ、
   何ものにあってもへこたれないほど
   強力になるからだ。



 私もヴァイオリン科の皆さまとともに立派な目標と偉大な仕事を目指して頑張ります。

先週の水曜日に「6月のみんなで歌おうコンサート」が楽しく終了いたしました。

今回は初めてのご参加のお友達とママが2組いらしてくださいまして、
「ウサギのおやこ」でのカスタネットに興味津々の様子でした。
IMG_8010_R.jpg

まずは興味のあるところからいろいろな能力を引き出してあげることが大切なポイント・・・です。

シンガーポールからのお友達せんちゃんはお花が大好きな男の子
IMG_8035_R.jpg
お教室に飾られているお花にいつもお指をさして喜んでいます。


やはりカスタネットにも積極的ですね~
IMG_8012_R.jpg


先日のスプリングコンサートにも参加してくれたこはるちゃんは、「おへんじはーあい」もこんなにじょうずね。
IMG_8006_R.jpg


もちろん市来音楽教室はピアノのお教室ですからどんなに小さなお子様でもピアノにふれてみましょうね~
IMG_8027_R.jpg


IMG_8024_R.jpg


今回の紙芝居は「おえかきなあに」
IMG_8028_R.jpg

ゆきこさんの素敵なお話にみなさますっかり引き込まれています。
IMG_8030_R.jpg



IMG_8031_R.jpg


私はいつもお写真を整理しながらレッスンでのお子様の表情を見ているのですが、
どのお子様も皆さま楽しそうにしています。
御参加のママからは「どの幼児教室よりも市来先生の御教室が内容が一番充実しています。」と
お話しくださいました。
ちょっとリアルなおはなしですが・・・嬉しい限り・・・ますますがんばらなければねっ。


さあ~次7月のみんなで歌おうコンサートは13日です。
良い子のお友達とママの御参加を楽しみにしていますね~



こはるちゃんお稽古終了後に市来音楽教室のお姉さまからの
プレゼントのドレスをさっそく記念のお写真に~
IMG_8034_R.jpg
プリンセススタイル。
良く似合っていてかわいいワ~

昨日はまゆちゃんのヴァイオリン選定会が行われました。
選定会のためのお教室としての準備はこの通り2時間前には完了でございます。
IMG_8037_R.jpg

今回楽器屋さんが御用意くださった素敵なヴァイオリンは5台です。
IMG_8052_R.jpg
綺麗にすぐに試奏できる状態でお教室にお運びくださっているので安心です。


楽器作りの専門家集団の「グローバル」さま
IMG_8044_R.jpg
この日のために今日のヴァイオリン5台の調整をコツコツ毎日手を掛けてくださたのだそうです。
ありがとうございます。


販売下さる楽器屋さんのやさしいお兄様
IMG_8041_R.jpg
きっとこれからたくさんのヴァイオリン愛好家さん達に素敵なヴァイオリンを御紹介されていくのでしょうね~


さてさて今日の主役~まゆちゃん
いままでのサイズが小さくなったので、新しい4分の3サイズを熱心に音を聴き比べながら5台分演奏いたしました。
もちろん弓によって音が全然違ってきますから、それぞれの楽器に弓を変えての演奏もいたしましたよ。

IMG_8043_R.jpg


まゆちゃんが選んだお気に入りの1台はフランスのアンティークの楽器でございました。


さて集中して音を聴くともうすっかり夜~7時は過ぎていたでしょうか~
お腹もペコペコのはず・・・
さあ~素敵なヴァイオリンとの出会いに乾杯です。
IMG_8058_R.jpg


皆さまとの楽しいデイナ―を御紹介しますね。


前菜~鯛のカルパッチョ  
IMG_8053_R.jpg


ミニトマトの蜂蜜マリネ
IMG_8054_R.jpg


ヴィシソワーズ
IMG_8055_R.jpg


グリーンカレー  鶏骨付き肉のオレンジ風味
IMG_8060_R.jpg


デザートのプリンとメロンの御写真は忘れてしまいました(笑)


今までまゆちゃんの使っていた楽器がこの素敵なフランスの二分の一オールド
IMG_8061_R.jpg

新しい楽器との出会いは嬉しいけれど、今までの楽器とのお別れも寂しいものです。
私がこの楽器買っちゃおうかしらね~



今回の柿澤勇人君の主演ミュージカル「RADIANT BABY」は市来音楽教室にとりましては、校外レッスンにあたります。
市来音楽教室卒業された先輩柿澤君が舞台に真摯に向かい合っている姿を直接みることで、
何かを感じとってもらえたら・・・という思いでした。
今回は教室の男子君数人にお声をお掛けいたしましたところ、
一馬君と一馬君ママが御一緒下さることになりました。


IMG_7986_R.jpg



次回の公演は女子の方々も必ずお誘い致しますからね~
「是非行きたかったです~」と女の子たちからもお声がかかりましたので・・・。



Syosan  Kumisanも普段は難しいお仕事を忙しく頑張っているので
ポップなミュージカルステージはきっと気分も変わって楽しいはず・・・と思い誘いました。

IMG_7987_R.jpg


「一生懸命に人生を生きる」とをテーマにした舞台をそのままの姿で熱演していた柿澤君の舞台を
たっぷり観劇した後・・・
私たち5人は「赤坂フルフル」へ向かいました。
このお店は以前から気になっていたお店で、今回みなさんと行けるのでとても楽しみにしていました。


美味しそうなデザートがメニューにたくさんありましたが、
私は王道「季節のおすすめ~マスクメロンパフェ」を頂くことに~。

IMG_7992_R.jpg


Kumisanと一馬君は「マンゴーパフェ」を~注文。
IMG_7991_R.jpg


今はなき「万惣フルーツパーラー」の直系と言われているホットケーキやサンドイッチも頼んで、
みんなでシェアーしながら美味しいスイーツをたくさん楽しむことができました。



IMG_7990_R.jpg


この日は楽しい校外学習の1日でした。
御一緒くださった皆さまありがとうございました



IMG_7983_R.jpg



昨日は市来音楽教室の卒業生である「ミュージカル界のトップスター~柿澤勇人くん」の
主演ミュージカル「RADIANT BABY」キースへリングの生涯をシアタークリエで鑑賞してまいりました。

IMG_7993_R.jpg

私たち5人は柿澤くんの御用意してくれた素晴らしいお席で鑑賞することができて…
ほんと幸せです
このお席はカッキ―関係の方々の席に間違いはなく、
案の定私の後ろからは「カッキ― カッキー」とカッキ―にたくさんの声援を送っていらっしゃいました。
私も一緒にカッキ―コールしたいのですが・・・ぐ~っとこらえまして(笑)



IMG_7995_R.jpg



このミュージカルは80年代ニューヨークを駆け抜けた伝説のアーテイスト キースへリングの生涯を描いたものですが、
ミュージカルでどのような構成になっているのか・・・とても楽しみにしていました。
一緒に行った息子のSHOSANもこの「シナリオや舞台構成を考える方々の才能・素晴らしさ」
に感動したと申しておりました。


IMG_7994_R.jpg


あがき苦しみながら生きた人を演じ、ポップなミュージカルの中での大胆なダンス、
甘い歌声から激しい感情の歌まで音楽性の幅を見事に広げ続けている努力の人「柿澤勇人」。
ステージの上で演じる柿澤勇人君からは「努力」という汗が飛び散っているのを目の当たりにすることもできました。



カッキ―熱演のステージの後・・・私たち5名は楽屋見舞いに~
カッキ―に「以前よりやせたね~」と私が言いますと
「このカンパニーのお稽古中は役柄上ごはんを食べませんでした」と言っていました。
「えーっ
やっぱりストイックなカッキ―~子供のころから変わっていません。


IMG_7981_R.jpg


昨日は一回公演でしたが2回公演の日も多いので、私とSHOSANは思わずカッキ―の身体を心配してしまいました。


IMG_7980_R.jpg


楽屋入り口には主演カッキ―のお名前札が・・・
明日の公演は御休みと書かれてあって・・・少し安心致しましたが、
でも柿澤勇人くんのこと・・・今日も熱心にレッスンしている気がしてなりません。


このあと私たち5名は次なる場所へと移動です・・・つづく

IMG_7986_R.jpg



IMG_7987_R.jpg


サロン・ファブール愛子先生のレッスンに行って参りました。
IMG_7912_R.jpg

6月「風と水」をテーマに
~季夏の茶懐石~のお稽古でございます。
日本人としてここはおさえておかなければならない嗜みですから、
この日のお稽古をとても楽しみにしていました。



飯椀「一文字」  汁椀「西京味噌仕立て」  向付「鮪とピーナッツ豆腐」
IMG_7958_R.jpg




煮物椀「七夕真蒸の椀盛り」
IMG_7963_R.jpg
懐石料理のメインディシュなのだそうでございます。
お椀の中の美しさにただただ・・・感激です。




焼物「鶏肉の即席燻製」
IMG_7965_R.jpg




強肴「湯葉揚げ水無月」
IMG_7966_R.jpg




預鉢「海老と烏賊の氷鉢」
IMG_7968_R.jpg




八寸「実山椒の佃煮・鯵」
IMG_7971_R.jpg




特別献立「うざく・茄子の利休煮・夏野菜の和風トマト煮」
IMG_7972_R.jpg




香の物「きゅうりと干し海老の浅漬け」
IMG_7977_R.jpg




食事「新生姜と鮎ご飯」
IMG_7976_R.jpg




甘味「黒糖わらび餅」と「お抹茶」
IMG_7978_R.jpg


IMG_7979_R.jpg


今回のレッスンではお茶のりえ先生が私のお隣の席にいらしてくださいましたので、
茶事の懐石料理のマナーを1つ1つ丁寧に御指導もくださいました。



日本の文化の素敵さをお教え下さった愛子先生、
そして愛子先生始めスタッフの先生がたによる「お料理の美味しさ、美しさ、品数の多さ」に
この日も感動の1日となりました。
ありがとうございました。



先日のスプリングコンサートでは、約130人の方々がホールにお越し下さいました。
大勢の方々が生徒様のお一人お一人の成長を見守ってくださっているということは、
本当にありがたいことでございます。


今の時代は家族の在り方が核家族となって、お子様の成長はほぼ親御様だけが関わっている時代になりました。
そんな時代の中で、市来音楽教室は成長の過程をお友達ファミリーみんなで見つめていく、
生徒様同士が豊かで温かな人間関係築きあげることが出来てきました。
それは本当にうれしいことです。


子供にとりましては家族が大切なネストですが、それと同じくらい
私は家族以外の方々からの応援やアドヴァイスも成長には不可欠だと思っています。


「さやかちゃん」
IMG_7907_R.jpg
市来音楽教室で一緒に学ぶお友達を大切にしているお一人です。
「小さな頃から育ってきた仲間と共にわが子が成長していくことが喜びです。」と
お稽古でお母様もお話し下さっていました。
ありがとうございます。



「まゆちゃん」
IMG_7908_R.jpg
お手紙にはたくさんの面白い言葉や考えが綴られていて~
お便りに心がこもっています。
心の温かい人はみんなに好かれる人になりますね。



「かいくん」
IMG_7909_R.jpg
私の作ったお土産のお菓子を「美味しかった~」と言ってくれたかいくん。
「お菓子つくるのたいへんだったでしょ?」と。
作業の大変さがその一言で吹き飛ばされました。
小さいころのやんちゃぶりがうそのよう。
やさしい男の子に成長しました。



「たばたファミリー」
IMG_7906_R.jpg
今回はお母様もヴァイオリン初舞台を無事に演奏されて・・・
お受験のお子様をもちながらも、素晴らしい頑張り力を見せてくださいました。
頑張る指数はどのシーンでも同じこと。
成功力が高まりまりましたね。




「さやまファミリー」
IMG_7910_R.jpg
お母様の心やさしい礼儀正しさはしっかりとお二人のお子様たちにも受け継がれていて・・・
頂くお便りからはいつも私の心に力が湧いてきます。


IMG_7911_R.jpg
3歳の「るなちゃん」もこんなかわいい「ありがとう」メッセージを書いてくれました。


自分のお子様が上達することはとても嬉しいことですが、「一緒に学ぶお友達の成長も嬉しく思う。」
そんな心の広い親御様がたくさんいてくださることが市来音楽教室の自慢のひとつと思っています。