上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     DSC00661.jpg
私はお子さま時代を札幌で過ごしていましたぁ。

札幌では幼稚園から小学校の低学年くらいまで、「8月7日のたなばたの日」になると
みんな「ハロウィーン」をしていました。
その日は浴衣を着せてもらい、ちょうちんを持って7人位のお友だちと一緒に
「ローソク出ーせー出ーせ-よー出ーさーないとかっちゃくぞー
おーまーけーにひっかくぞー」と歌いながらご近所を1軒1けん訪ねるのです。
時間は夕方から夜です。
その囃子歌が聞こえると訪ねられたおたくの方は、
お菓子を子どもたちみんなにプレゼントしてくれます。
だからどのお宅もその日は、家にたくさんのお菓子を用意して待ってくれています。

大学生になって東京に来てから、これは「ろうそくもらい」という
北海道だけの「ハロウィーンのような行事」だったことを知りました。

北海道の「ハロウィーンの日」今思い出しても、
心がろうそくの炎みたいに「あったかーく」なります。

皆さんもハロウィーン楽しんでね
Secret

TrackBackURL
→http://ichikims.blog.fc2.com/tb.php/43-39a90cb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。